新型コロナウイルス抗原キット「イムノエース® SARS-CoV-2」の使用方法

  検査実施管理者様向けページ  

【重要な基本的注意】
・本品の判定が陰性であっても、SARS-CoV-2感染を否定するものではありません。

イムノエース® SARS-CoV-2 10テスト
(キット構成は「包装一覧」をご確認ください)

テストプレート
(写真はSARS-CoV-2抗原陽性例です)

製品概要

貯蔵方法

2 ~ 30℃で保存

測定時間

~15分 (15分より前でも判定部 [T] 及び [C]の両方にラインが認められた場合には陽性と判定してください。)

包装一覧
品 名 イムノエース® SARS-CoV-2
10テスト
イムノエース® SARS-CoV-2
60テスト
カタログ番号 IASC1910 IASC1920
包装単位 10テスト 60テスト
キット
構成
テストプレート 10個 60個
検体抽出液 10本 60本
<付属品>綿棒(スワブ) 10本 60本
<付属品>ノズル 10個 60個

鼻腔ぬぐい液の検体採取方法動画

イムノエース® SARS-CoV-2 操作方法動画

操作方法、判定方法説明

イムノエース® SARS-CoV-2 FAQ

このFAQは、あらかじめ検査に関する研修を受講され、イムノエース® SARS-CoV-2をご使用される方を対象としております。
検査を実施する際は、医療従事者の不在時における新型コロナウイルス抗原定性検査のガイドラインとイムノエース® SARS-CoV-2の添付文書を参照してください。

鼻腔ぬぐい液の採取について

Q. キット付属品以外の綿棒でも使用できますか?

キット付属の綿棒をご使用ください。ただし、綿棒に破損や折れ曲がり、部分的な白化、汚れがあった場合は使用しないでください。

Q. 綿棒の使用に関する注意点等がありましたら、教えてください。

一度使用した綿棒は再使用しないで下さい。
また、軸が折れる可能性につながる為、次の様な使い方はしないでください。

  • 検体採取時付属の綿棒の軸部分(特に軸の細い部分)に力がかかり過ぎる、強く押す、過度のよじれ、負荷がかかるような使い方。
  • 軸を曲げる、反らす、折るなど意図的な変更を加えること。
Q. 鼻水がひどい場合でも鼻腔ぬぐい液を採取して良いですか?

軽く鼻をかんでから、鼻腔ぬぐい液を採取してください。

Q. 鼻腔ぬぐい液を採取した際に、綿棒に血液が付着しましたが、検査に影響はありますか?

調製後の試料が写真のようなピンク色より薄ければ、問題なく検査を実施できます。
それ以上濃くなりますと、正しい検査結果が得られない可能性がありますので、可能な限り血液が混入しないよう検体採取を行ってください。

Q. 鼻腔ぬぐい液を採取した際に、綿棒に鼻汁が塊として多量に付着しましたが、検査に影響はありますか?

試料の粘性が高まることにより、正しい検査結果が得られない可能性があります。
綿棒に鼻汁が塊として多量についた場合は、ガーゼやティッシュ等で軽く塊を取り除いてください。

Q. 採取した鼻腔ぬぐい液、または調製後の試料は、どのくらい保存できますか?

採取した鼻腔ぬぐい液、または調製後の試料は、保存せず、出来る限り早く検査を実施してください。

操作について

Q. 検査は屋外で実施しても良いですか?

検査は室内で実施してください。

Q. あらかじめアルミ袋からテストプレートを出しておいても問題はありませんか?

テストプレートは吸湿すると品質が劣化し、正しい検査結果が得られませんので、アルミ袋は使用時まで開封しないでください。
また、取り出したテストプレートの試料滴下部、および判定部を直接手などで触れないようご注意ください。

Q. ノズルのフィルターがつまって滴下できません。どのように対処すれば良いでしょうか?

新しいノズルに交換して、滴下してください。
フィルターがつまる要因の一つとして、鼻汁の影響が考えられます。
鼻腔ぬぐい液を採取した際に、綿棒に鼻汁が塊として多量についた場合は、ガーゼやティッシュ等で軽く塊を取り除いてください。

Q. 滴下した液滴に泡が含まれていましたが問題はありませんか?

15分たっても判定部[C]に黒色のラインが認められない場合は、その検査は無効です。
新しいテストプレートに滴下し直してください。

Q. 滴下数が4滴以上になってしまった場合、問題はありませんか?

滴下数が4滴以上となった場合は正しい結果が得られません。
3滴の試料滴下を守って新しいテストプレートに滴下し直してください。

Q. 試料滴下後の注意点を教えてください。

判定結果に影響を及ぼす可能性があるため、次の行為はしないでください。

  • テストプレートを動かす
  • テストプレートの試料滴下部および判定部を触る
  • テストプレートの開口部をシール等でふさぐ
Q. 判定時間15分以降に判定しても良いですか?

判定時間を過ぎたテストプレートは、乾燥等により結果が変化する場合がありますので、判定には使用せず、再検査をしてください。

測定結果の判定について

Q. ラインが均一ではないが、問題はありませんか?

ラインの濃さにムラがあるものや途切れているものもラインとしては有効です。
しかしながら、判定が困難な場合には、速やかに医療機関を受診するようにしてください。

その他

Q. 製品はどのように保管すれば良いですか?

品質の低下を防ぐため、高温多湿及び直射日光を避け、2〜30℃で保存してください。
本品を冷蔵保存していた場合は冷蔵庫から出して30分以上放置し、室内温度に戻してからご使用ください。

Q. 使用予定のないテストプレートや検体抽出液容器を誤って開封した場合、どのように保管すれば良いですか?

開封した場合は保管できません。

Q. 試料や検体抽出液をこぼした場合の対処方法を教えてください。

次亜塩素酸ナトリウム、消毒用エタノール等ですみやかに消毒してください。

Q. 検体抽出液が目や口に入ってしまいましたが、どのように対処すれば良いでしょうか?

誤って目や口に入ったり皮膚に付着した場合には、直ちに多量の水で15分以上洗い流してください。
異常があれば、医師の手当てを受けてください。
また、衣服についた場合には、付着した部分を石鹸水、または多量の水で十分に洗い流してください。

Q. 使用したキットはどうやって廃棄しますか?

使用したキットの廃棄については、製品の添付文書のうち、廃棄上の注意の項を参照いただくとともに、廃棄物の回収事業者にご確認いただくようお願いします。

Q. 使用期限が切れたキットも使用できますか?

使用期限が切れたキットは使用しないで下さい。

Q. 新型コロナワクチンを接種したのですが、検査に影響はありますか?

検査に影響はありません。

お問い合わせ

フリーダイヤル

0120-048-489

受付時間/9:00~17:30
(土・日・祝日を除く)

ご相談があればお気軽に
下記フォームよりご連絡ください。