東日本大震災におけるタウンズの取り組み

2011年3月11日に発生した東日本大地震により、多くの方の尊い命が失われたことに、深い哀悼の意を捧げますとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

当社は、被災された皆様や救援活動に従事されている皆様の健康を切に願い、インフルエンザ感染の拡大防止にお役立ていただけるよう、2011年3月28日に支援物資として当社のインフルエンザ診断キット12万テスト分を提供させていただきました。

献血支援活動を通じた医療への貢献

当社は、静岡県伊豆の国市の神島本社・工場において日本赤十字社・赤十字血液センターによる献血会を定期的に実施しています。

タウンズは身近にできる社会貢献活動として、一人でも多くのいのちを救うため、今後も献血に協力していきます。

地域との取り組み

当社は、静岡県東部地域を中心に、静岡県が推進する「ファルマバレープロジェクト」に参画し、その中核的な支援機関である公益財団法人ふじのくに医療城下町推進機構とともに地域社会に貢献すべく取り組んでいます。

※ファルマバレープロジェクト:富士山麓地域の恵まれた交通インフラや自然環境、健康関連産業の集積を背景に、世界レベルの研究開発を促進し、県民の健康増進と医療健康産業の振興と集積を図るプロジェクト。